コラム

筋ジストロフィーを持つ、Sさんのパーソナルトレーニング

身体の筋肉が壊れやすく、再生されにくいという特殊な疾患である「筋ジストロフィー」を持つ岡崎市在住の男性Sさん。
現在、週2回のペースでベストボディスタイルをご利用いただいております。
そんなSさんから、パーソナルトレーニングについてインタビューさせていただきました。

「ご自身の持っている疾患についてお聞かせ下さい。」

筋ジストロフィーという疾患を持っております。
私の場合、症状としては軽い方とされておりますが、身体中のすべての筋力が一般の方よりも非常に弱くなっているため、生活の中ではちょっとした段差があるだけでとても苦労をします。

足の筋肉に力を入れることができないため、かかとをつけて立つと身体のバランスが取れなくなってしまい後ろに転倒してしまいます。バランスを取るために、立っているときは常に「つま先立ち」をしている状態です。

運動することが難しく、筋力の低下により代謝も下がるので太りやすい体質になります。筋肉組織が再生されにくいため、運動しすぎても筋肉組織の修復が間に合わず、筋力を低下させてしまったりします。

会社では経理などのデスクワークを行っており、1日中座っての仕事なので生活の中で全く運動をする機会がありません。

「パーソナルトレーニングを始めたきっかけは?」

代謝の低下により体重が次第に増加して来てしまい、減量をしたいと思うようになりました。
現在務めている会社では社員への福利厚生が手厚く、大型のトレーニングジムに社員は自由に通うことができました。
しかし、私のような身体では、一般的なジムのマシンでは負荷が強すぎたり、他の利用者と共有スペースを使うことは物理的なハードルがたくさんありました。
以前から、社長にパーソナルトレーニングを進められていましたが、なかなか踏み切れず、なんとか自分だけで減量してみようと考えました。
数ヶ月の間、食事制限による減量をしようと試みたものの、自分の意志だけではどうにもうまくいかず、以前から進められていたパーソナルトレーニングを受けてみようと決心しました。

「どのくらいの期間利用していますか?」

通い初めて、6ヶ月目になります。

「スタジオにはどういった交通手段で通っていますか?」

幸い、車の運転ができるため、なんとかジムには通えています。
岡崎の自宅からは、だいたい30分くらいでこれるので、あまり苦になりません。
通常仕様の自動車では動作が困難なため、ブレーキペダル、アクセルペダル、サイドブレーキなど、自分でも運転ができるように改造を加えています。

「トーニングはきついですか?」

初めてトレーニングをしたときは、これまで使っていなかった筋肉を動かすことで筋肉痛になることがありました。
現在では、トレーナーの方が私の身体に与える負荷を調整し、トレーニングのペースを管理してくれることで、身体への大きな負担がかからないようにしてくれています。
そのおかげで、トレーニングをきついと感じることはありません。

「効果はありましたか?」

初めて2ヶ月で10kgの減量に成功しました。
最初のうちは、食事について厳しくルールを守り生活をおくることで減量の成果が出ました。
だけど、2ヶ月を過ぎると食事制限の反動か、少しづつ好きな食べ物に手が伸びるようになり。
体重の減少は収まっていきました。

「食事管理は難しかったですか?」

仕事の付き合いの中で外食をする機会があり、その時は気にせず食事をとっていました。
また、自分自身の意志が弱い部分もあり、ちょっとだけなら大丈夫と、高カロリーな食事をとってしまうこともよくありました。
食事を無理に制限することは、自分には難しかったです。

「現在は、どのような指導を受けていますか?」

食事については、ある程度気をつけながらも、無理に制限しないように指導を受けています。
10kgの減量をしたときに、身体のバランスが大きく変化したため、2度ほど転倒することがありました。身体を急激に変化させることもリスクになり得るので、トレーニングについても、緩やかに減量していく今の方法に落ち着きました。

「トレーニング内容について教えて下さい。」

歩行に必要な下半身の筋肉を動かすトレーニングをメインでやっていましたがトレーニングに少し慣れてきたこともありデスクワークで凝り固まった肩回りの筋肉や背中を動かすメニューなども最近はやるようになりました。身体の部位によっては自分の力だけではうまく動かすことができないこともありますがトレーナーが補助に入って負荷も調整してくれるので安心して身体を動かすことができています。

「最後に、パーソナルトレーニングジムを使ってみた感想をお聞かせ下さい。」

ジムというものが、一般の大型ジムの想像しかなかったため、トレーニングをすることが自分とは違う世界のことだと感じていました。
パーソナルトレーニングジムは、プライベートが守られた空間で、やっかいな物理的なハードルも取り除いてくれるので、自分でも利用できるスペースだと感じました。
三年前より、会社の福利厚生で導入されたジムの利用で、一緒に働く仲間が健康的で意欲的な人間に変わっていく変化を傍から見ていたのですが、トレーニングをし、身体をつくりあげていくことが、日々の活力につながっていくということを自分も体験できた気がします。
これからも続けていきたいと思います。

xxx

xxxx

燃焼BODY検定
燃焼BODY検定
タップ
無料カウンセリング
メール
お問い合わせ