コラム

知っておきたい!トレーニングの3原理とは?

トレーニングを行っていくうえで知っておきたい基礎、トレーニングの3原理。
トレーニングの原理には、「過負荷の原理」「可逆性の原理」「特異性の原理」の3つがあります。 筋力トレーニングをする時は、目的に適した方法で行うことが重要です。

1.過負荷の原理

いつも同様の運動(負荷)では、効果が伸び悩むことを意味します。
トレーニングに取り組んでいると、しばらくすると筋力がアップして、これまでの筋トレが容易に感じるようになります。筋力がアップした状態でいつもと同じ様な負荷で筋トレを行う事は「負荷が不十分になる」ことを意味しているので、いつものように同じ負荷ではトレーニング効果がだんだんと薄れてしまうというわけです。
筋力アップを図り続けるためには負荷を上乗せし運動を行うことが重要です。

2.可逆性の原理

筋力トレーニングによって得られた効果も、トレーニングをストップすると失くなっていってしまうことを意味します。
効果が失くなるまでの期間は個人差が見受けられ、直ちにゼロになってしまうものでもありませんが、一般的には、トレーニング期間が長い場合はなくなる速度はゆるやかで、短い場合は早いと言われています。
筋肉を維持していくには、継続してトレーニングをしていくことが重要です。

3.特異性の原理

トレーニングを行なった内容に比例するように効果が出てくることを意味します。
一つの例として、腹筋を鍛える筋トレを行ったら腹部の筋力が高くなりますし、太ももの筋肉を鍛える筋トレを行っていけば太ももが鍛えられます。
部位を意識してトレーニングすることが重要です。

燃焼BODY検定
燃焼BODY検定
タップ
無料カウンセリング
メール
お問い合わせ